痛風の痛みを改善|食事を見直して健康なカラダ

夫婦

食生活で改善する関節痛

男性と女性

痛風の原因には遺伝的なものも考えられますが、中には普段の食生活の内容が症状の要因となっているケースも在ります。この場合、食事管理を徹底し、痛風の原因である尿酸値を高め過ぎない工夫が必要になってきます。

Read More

プリン体と摂取すべき食品

夫婦

痛風に良い食事はプリン体を含むレバー、干物などを摂取しないことです。また、尿酸値を下げるために水分補給をすることです。ただし、ジュースやアルコールではかえって尿酸値が上昇してしまうので、お茶か水にします。

Read More

毎日の健康は食生活から

焼き魚

健康維持のために

痛風は贅沢病と言われるように、食生活が豪華だと発症しやすいのです。豪華な食事は栄養価も高く、プリン体が多く含まれていることが多く、これが尿酸値を上昇させて痛風を招くのです。プリン体はレバー、魚卵、青魚などに多く含まれているため、これらの食品を食べすぎないことが大切です。お酒ではビールにプリン体が多いので、飲みすぎには注意しましょう。ビールの中でプリン体が多いのは高級ビールであり、これは麦芽の割合が大きいためです。ビール以外のお酒に関しても、飲みすぎは尿酸の排出を妨げるので注意が必要です。痛風を予防するための食事は、野菜・大豆・きのこなどをメインとしたものです。アルカリ性食品は尿酸値を抑えてくれるので、積極的に摂っていきましょう。

バランスのよい食生活を

プリン体にさえ注意すれば痛風は大丈夫だと考える方が多いですが、暴飲暴食も痛風発作の要因となります。特に怖いのが肥満であり、適正体重を超えている方は食事制限をして体重を落としていきましょう。食事はカロリーを減らすだけでなく、栄養バランスを維持しつつ低カロリー食材に変えていくのが基本です。タンパク質は脂肪燃焼のために欠かせませんが、タンパク質の多い食品はプリン体も多い傾向があります。牛乳と鶏卵はプリン体がゼロなので、タンパク質補給として活用しましょう。肥満体になると痛風はもちろん、脂質異常症などの成人病のリスクともなります。健康体を維持するための基本は食生活であり、あとは適度な運動をして代謝の低下を防いでいきます。

尿酸値を下げることが重要

おかず

痛風は、血液中の尿酸値があがると発症する病気で、尿酸値を下げるための食事を摂ることが大切です。尿酸値を下げるためには、プリン体を多く含む食品を避け、栄養バランスのとれた食生活を送って、肥満を改善するよう気を付ける必要があります。

Read More